東洋医学診立てコラム : 東洋医学診立てコラム

東洋医学で健康な生活を

東洋医学では、体のバランスが一番大事と教えています。内臓から身体を整えることは、現在そして未来の自分にとって、非常に大事なことです。

東洋医学コラム「秋へ向けて、夏の疲れのリセット法」(2014年10月)

これは以前書いたものですが、今年も当てはまります。10月8日の「例年と違う今年の腰痛」という東洋医学コラムと共に、是非参考にしてこれからの季節をお過ごし下さい。

10月になってから、マスクをしている方を多く見かけるようになりました。夏の疲れを引きずったまま秋を迎えると、風邪症状を起こしやすくなります。

秋は本来、夏の疲れをリセットさせ、冬に向けて滋養をつける時期です。「実りの秋」といいますよね。それが上手にリセットできずにいると、体内の熱が体の上の方に集まったままになってしまい、頭がボーッとしたり、咳が出たりして、体がだるくなってしまいます。
体の下部は冷えた状態ですので、腰重、腰痛が起こります。安易に市販の風邪薬に頼らずとも、ちょうどおへその後ろ側に当たる腰部を温めて安静にしていれば、大分回復するはずです。
肺は温まると咳が出ます。腰の冷えを取ってあげることで、熱による肺への負担を結果的に軽くすることになります。

整体を受けるときは、全身の調整をしてもらってください。今、上手に健康を回復すれば、今年よりも健康な来年を過ごせることに繋がります。

例年と違う今年の腰痛(2014年10月8日)

さあ、今年もぎっくり腰の季節到来ですね!
と、昨年までは、一年で一番重篤なぎっくり腰への警鐘と予防法をお伝えしていたのですが、今年はどうも違うようです。
例年では、8月に入るとまるでダルマ落としが失敗したのかと思うほど、腰が曲がってしまった方が数名はいらっしゃるのですが、今年はいないのです。
それどころか、重症な腰痛患者さんも少ないのです。

それは恐らく、今年の夏のあり方にあったと仮説を立てています。
日本の夏といえば、従来湿気が強く暑い、日照りが続く、という特徴がありました。夏の猛暑と湿気、そして冷たいものの取りすぎは、どうしても胃腸を弱らせる結果を招きます。やがてその夏バテが、夏の終わりから秋にかけて、重篤なぎっくり腰を起こします。
しかしながら、この夏は、違う!夏バテ患者さんはいるが、重篤な方が例年よりいないのです!
今年の夏は、暑かったが、雨が多かった。日照り続きがなかった。これが大きな違いと見ています。

いずれにしても、毎年どんどん「例年」が通用しなくなってきました。この冬以降も「異例」が起こりそうです。
東洋医学のメリットは、「バランス」です。昔から自然と人間の同調のしかたを学問としています。「例年」が通用しなくなってきた今日こそ、東洋医学整体がお役に立てます。

                

協会定例勉強会報告「臨床における三焦経、心包経の施術法」と「肺・大腸への内臓整体法」(2014年6月)

5月17日は、臨床における三焦経、心包経の施術法を勉強しました。6月7日は肺・大腸への内臓整体法を勉強しました。
三焦経は身体の津液・血を全身に循環させ、心を除く臓腑の外衛の役割にあります。つまり、体内の陽気のことといえます。
梅雨の時期、体内の津液・血は停滞しがちです。そのため、頭痛、首こり、肩こり症状が出がちになります。そんなこの時期に有効な整体法が、三焦経への施術と、三焦経と表裏の関係にある心包経への施術です。

肺・大腸が弱ると、肩甲骨辺りが凝ります。陽気が 上焦に停滞してしまいます。腹診による内臓整体で、肺大腸の施術法を知ると、より効率良く肩肺部から頸部にかけての施術が可能になります。

5月の下旬から今日に至るまで、ぜんき整体院へいらっしゃる方が急増しております。症状は、後頭部痛、ひどい首こり、肩こり、そして慢性病の重傷化です。
ぜんきスタッフも早速勉強会の成果が功を奏しており、毎日がんばっております。
身体と季節のバランスを整え、健康な身体で夏に突入したいですね。

ゴールデンウィーク中に知っておきたいからだのこと (2014年5月)

5月といえば、ゴールデンウィーク、そして五月病。どちらも上手に対応したいものです。
さて、その5月病。今のうちから予防をしておきましょう。
私たちは、自転をしている地球上に生活をしています。一日を迎え、一か月、一年・・・と、地球の動きと同調して生きています。 その変化に上手く同調できず大きく変調してしまうと、体調を崩してしまいます。

5月という季節を考えてみましょう。
一年の中でも、季節が大きく変化する月の一つです。5/5は立夏です。夏になる日です。 やっと春の陽気に慣れてきたのに、季節は夏に向かうのです。
これは、身体にとっては大きなス トレスになります。
この季節だけでも大きな変化を迎える時期なのに、我々を取り巻く環境は、 年明けから、立春(陰から陽へ=寒から暖へ)→風(インフルエンザや春一番など) →生活の変化(入学、進学、人事異動など)のストレスを経て来ています。

これらの長い期間の疲れを残した心身では、五月病になるのは必然なのです。
ですから、今のうちから全身に良い気血が廻るようにしておきましょう。
ゆっくりとした運動は効果的です。特に頭を使い過ぎた疲れには、ゆっくりとした運動は良い調整になります。
あまり疲れていて運動できる気力がないという方は、ご相談ください。整体を受けることは、他力で運動をすることです。

ぜんき整体のおススメの体操は 、小冊子『がんばる人のためのストレスに効く整体』に掲載してあります。無料でさしあげておりますので、まだお持ちでない方はお声をかけてください。
また、電子書籍版もございますので、是非持ち歩いてください。
Google Play(Android端末よりダウンロードいただく事で閲覧が可能です)
GoogleBooks
今年のゴールデンウィークも、楽しく過ごしましょう!!

                    

※ぜんき整体院のHP「東洋医学診立てコラム」のバックナンバー2010年に、『五月病はなぜ起こる?お勧めGWの過ごし方』を掲載しております。季節の変化についてを解説しておりますので、興味のある方は読んでみてください。

食べているのに、元気が出ないのは何故か?(2014年4月)

食べているのに、元気が出ない・・・と、先日も来院された方がいらっしゃいました。
よくよく話を聞くと、
「いつも疲れる。やる気が出ない。気が滅入る。 元気を出そうと、無理していつも食べているのに、全然元気がでない。というか、返ってだるくなる気がするんです。そして太っちゃった。」との事。
だから、「たくさん食べちゃだめです。」と応えました。

元気でいられるためには、気血が充実し且つ、円滑に動いていることが必要です。
「気は血の師(すい)、血は気の舎」といいます。
これは、「気は血を動かしていて、血は気を入れて運んでいる」ということです。
気は目には見えないエネルギー=気体のエネルギーのことと考えてよいでしょう。
血は形があるエネルギーのことと考えてよいでしょう。
つまり、食べ物を食べないと気は作れないけれど、食べ過ぎると過多になった血が気の動きを妨げてしまうのです。
ちょうど、早く移動できるはずの高速道路にたくさんの車が渋滞を起こしているのと同じ
です。
つまり、元気で活動できるためには、円滑に循環できる気血のバランスが必要なのです。

今は、栄養過多の時代。また、体を使わず頭ばかりを使う時代です。めったに栄養失調にはなりません。
半世紀前とは違い、現代は食べ過ぎと体を使わな過ぎによって、元気が出ない ことが多いのです。

ストレッチは体に良い?(2014年2月10日)

つい最近、ぜんき整体院のスタッフにストレッチについて尋ねられました。
「ズジは伸ばしすぎたらいけないんですよね、だからストレッチはいけないんですよね」と。
答えは、前半はYES、後半はNOです。
筋肉の仕事はただひとつ、「縮むこと」です。しかし、疲れれば、その縮むという仕事ができなくなります。だから、ストレッチは必要なのです。

立春を過ぎた今、ちょうど冬と春の移行期でスジに負担がかかります。
五行説のカテゴリでは、「ズジ」は春の影響を受けやすいのです。上手にストレッチを取り入れたいものです。

ぜんき整体体操や真向法は、全身の気血の循環を良くし、心身のバランスも整えられるため、非常に有効なストレッチともいえます。
ただし、どんなに良いことも正しく行わなければ、悪影響を及ぼします。
ストレッチは、自分の筋肉が100%有効に動けるために行うものです。
「動極まって静となり、静極まって動となり、動中に静あり、静中に動ある」というのは、陰陽論の基本です。「過ぎたれば及ばざるがごとし」同様の解釈ができます。

筋肉の縮むという仕事を、より有効にさせるためにストレッチを行っても、やり過ぎたり強引過ぎれば、返って筋肉を傷めてしまいます。
筋肉は、充分ストレッチをすることで、より高いパフォーマンスを発揮できます。
充分というのは、「唯足る」ということで、やればやるほど、イッパイ、ということではありません。

                    

余談ですが、小学生のころ、ゼンマイ仕掛けの自動車の動きが悪くて、ゼンマイに油をさしました。すると非常に快適に動き始めたのです。嬉しくなった後に欲が出て、もっと速く走るようにと、大量に油をさし続けました。そしてゼンマイを一杯に巻いたら、何と金属のゼンマイが切れてしまいました。

                    

上記のことを身を以て体験した最初のことでした。
でも今日に至るまで、場面を変えて、同じような失敗を繰り返すものですねぇ。。。

節分立春期の首肩痛への整体法(2014年2月1日)

この時期は、特に首肩のスジを痛める方が多くなります。
首肩をよくマッサージしているのに、あまり良くならない、という方が多いのではないでしょうか。

最近、首肩のコリを改善するには、ふくらはぎマッサージが効果的!というのがトレンドですね。
東洋医学的に考えれば、至極当然の理屈であり、ぜんき整体でも毎年この時期は特に気を付けて施術しています。

東洋医学は、バランスを大事にする医学です。
ちょうど冬の室内で暖房を炊くと、放っておけば、上だけ暖気になり、下は冷気のままです。
人体という一定のキャパの中でも、循環が悪くなると同様の現象が起こります。
すなわち、腰が冷えて、首肩頭は熱が溜まる。
腰痛、肩こり、首筋痛は、このアンバランスが原因です。

生理学的には、静脈血は筋肉の力がなくては心臓に戻らず、特にふくらはぎは、筋力が落ちるとむくみやすい所。
そのため、デスクワーク中心のビジネススタイルでは、特に下半身の血流が悪くなり、首肩が凝ったままになってしまうと考えます。
東洋医学的には、それを上下だけでなく、内外、陰陽、寒熱とあらゆる方向で動的に考えます。
この時期、肩こり、首筋を解消するためには、まずはふくらはぎのマッサージを行ってください。
足湯もとても効果的です。
2/1の卒業生向けの勉強会でも、この理論と実技を取り入れました。効果てきめんですよ。

                

首筋痛注意報!(2014年1月15日)

お正月を過ぎて、一段と寒さが厳しくなっておりますが、いかがお過ごしでしょうか?寒中お見舞い申し上げます。
さて、年末から新年にかけて、首筋痛で来院される方が急増しております。忙しない年末に緊張していた心身に、正月のオフと厳しい寒気が重なったために首筋が痛くなったようです。

首筋や肩甲骨辺りの痛みは、「熱」によって起こります。熱といっても、単に温まったから起こるというのではなく、身体が消耗して気血の循環が悪くなると、体内の熱が上の方に偏って滞ってしまい、痛みを生じてしまいます。
この時期に考えあわせると、年末で忙しなく動いたことで、「肝グループ」が消耗します。
「肝グループ」とは、肝臓、スジ、イライラなどです。消耗することで柔軟性を欠いた心身に正月のオフが訪れ、寒気が入りやすくなってしまったことによります。

整体法としては、まずは全身の気血の循環を良くします。そして、上部に熱が偏ってしまったことで冷えた腰部に熱が集まるように導きます。そうすることで、首肩に偏った熱は動き、身体全体が良くなっていきます。
それと合わせて、リンパ節のコリを取っていきます。施術中に脇の下を押されて、随分痛い思いをされた方も多かったはずです(ゴメンナサイ)。
これはそれまでの忙しさから、スジが張っていたために、何としても施術をしておかなくてはいけない所だからです。

2月になると、ますます寒さが厳しくなります。今の時期の肩こり首こりを甘く見ず、症状が軽いうちに整体で調整することをお勧めいたします。

'13年度のコラムへ


ページトップ